断罪・枯れた葡萄

10/10
1596人が本棚に入れています
本棚に追加
/96ページ
「お前を追っていた王子の顛末(てんまつ)は聞いたか?」    シエロは、話題を変えた。  家の話には触れられたくないのかもしれないと、ネーヴェは話を合わせることにした。 「ええ。びっくりしましたわ。まさか王位継承権を剥奪(はくだつ)されたなど。天使様は、次の王をどうされるつもりなのでしょうか」 「お前がなってみるか、次の王に」 「ご冗談を。だいたい、侯爵家の後ろ楯が無ければ、天使様に会えませんのに」    真面目な話ではなく、軽い会話だと思っての返しだった。  ネーヴェの言葉に、シエロは片眉を上げる。 「……まだ俺の正体に気付いていないか」 「何ですの?」 「いや。実際どうなんだ? 機会があれば、王位に興味があるか?」    やけに食い下がるシエロに、ネーヴェは困惑する。   「全く、ございませんわ。自分の分は(わきま)えておりますもの」 「好きなだけオリーブ畑が作れると言っても?」    少し、心が揺れた。  少しだけだ。 「オリーブ畑は、王でなくても作れますわ」 「石鹸を国民に普及させたくないか」 「……高価なので、庶民は買えませんわ」 「それをどうにかするのが、権力者の腕の見せどころだろう」    確かに、とネーヴェは考え込みかけ、はたと気付く。 「いったい何ですの、この誘導尋問は」 「気にするな。単なる俺の願望だ。俺は他人の願いを叶えられるが、自分の願いは叶えられないからな」    シエロはしれっと意味深なことを言う。   「お前に王になって欲しい訳ではないが、そうでなければ」 「?」 「……止めておこう。ここに招いたのは、俺のミスだったな。先ほどから、失言ばかりだ。忘れてくれ」    彼はそう言って、ちらと枯れた葡萄の木を見た。その深海色の眼差しに、かすかな痛みがよぎる。悔恨? それとも悲哀の念か。  しかし、ほんの数秒でその気配は霧散し、彼はネーヴェに向き直る。 「外まで送ろう。次は、別の場所が良さそうだ。ここは辛気臭いだろう」  ネーヴェは何か釈然としない。  二人は部屋を出て歩き始める。  先ほどから何だろうか。知って欲しいのに、知ってほしくないような、微妙なシエロの匂わせは。ネーヴェは、うじうじ曖昧な態度は好きではない。これが他の男相手なら切って捨てていたが、シエロ相手には単純にそうするつもりになれなかった。しかし、流されるのも納得が行かない。 「……掃除が先ですわ」 「何?」    ネーヴェは立ち止まり、シエロを(にら)み付けた。 「天使様がいらっしゃるかもしれない場所を、あんな(さび)れた状態にして放置するなど、もってのほかですわ! 私に掃除させて下さいませ!」    シエロは目を丸くした後、くすりと笑った。 「分かった。お前の好きにするといい」    その声は、思いの外、嬉しそうだった。  反対されると思っていなかったが、少し不安だったネーヴェは、その優しい眼差しにほっとした。そして、ほっとしている自分に気付いて驚愕した。男の言葉にいちいち振り回されるなど、自分らしくない。それとも、シエロが特別なのだろうか。
/96ページ

最初のコメントを投稿しよう!