(1)

26/38
252人が本棚に入れています
本棚に追加
/353ページ
ビルが完成したのは、煌弥の18歳の誕生日の日。 その日、ビルの完成祝いと煌弥の誕生日を、メンツ達と一緒に祝った。 事件が起きたのは、その日から1週間後。 煌弥が若頭として動くのは、風俗、キャバクラ、高級クラブ、ホストクラブ等、水商売と呼ばれる店の巡回の時だけ。 残りの仕事は、煌蓮総本部にある5階の仕事部屋で熟す煌弥。 巡回するのは、店の様子や不正がないか調べる為。 その時は、俺も涼もついて行くが、貴島組からも、組員が数名護衛をする為に来る。 だけど、煌弥は護衛がつく事を良しとしない。 俺と涼そして組員達を、上手く撒いて、1人で行動する事も多い。 『守られる事が恥』 いつも、そう言う煌弥から『すぐに来い』と連絡をもらったのは、俺と涼そして組員達が、煌弥に撒かれて数分後の事だった。
/353ページ

最初のコメントを投稿しよう!