お二人共、どうぞお幸せに……もう二度と勘違いはしませんから

もう私は必要ありませんよね?

結城芙由奈

4時間16分 (153,105文字)

837 5,419

あらすじ

その一方、私は貴族とは名ばかりのしがない男爵家出身だった。けれど2人は身分差に関係なく私に優しく接してくれるとても大切な存在であり、私は密かに彼に恋していた。 ある日のこと。病弱だった父が亡くなり、家

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません