※気持ち

1/3
61人が本棚に入れています
本棚に追加
/59

※気持ち

高貴side   屋上で見た、あの正樹の笑顔が頭から離れない。   帰る時、女子が正樹と話してる所を見て、何でイラつく?   ただの友達なのに…   どうして…?   俺は、そんな事を考えながら歩いていると、子猫が居る公園に着いた。   正樹は、公園に着いた早々 子猫の元に行き、弁当の残りを食べさせている。   俺は、そんな正樹を見て… ー…可愛い。 と思ってしまった。   ってか、なに男に可愛いとか思ってんの? 馬鹿か、俺…。   そんな事を考えていると、正樹が『どうしたの?ボーッとして…』と顔を覗き込んで来た。   ってか、いつのまに!?   「あ…ごめん…。あ、俺もコイツに餌やんねぇと」 余計、心配されると困るので   苦笑いを正樹にし、子猫の方に向かった。
/59

最初のコメントを投稿しよう!