意識

19/25
698864人が本棚に入れています
本棚に追加
/591ページ
「どー…にもなってないですよ?別に。なんとも。全く」 隆也が聞いたら号泣しそうな全否定だ。 「ふーん、まだ正式な『彼氏』にはなってないわけだ」 なんとなく隆也に対する接し方で『恋愛』をしているわけではないと、見透かされていた。 でも市ノ瀬は本当のところの事情を知らない。 なら誤魔化せばいい。 流せばいい。 でも 「『まだ』っていうか、そんなこと絶対訪れません。 私は、あの人のこと、好きになんてなりません」 思わず強い意思を見せてしまった。 ―好きにならない― どうしても言葉にして宣言したかった。
/591ページ

最初のコメントを投稿しよう!