終わらない詩
全21/73エピソード・休載中
29/82

輝き

私の前にカベが現れた 私は足を止めた たが 時は待ってはくれず 永遠と歯車を回す 止まることなく   私はその場で足踏みをしていた 何をしたらいいの? どこへ行けばいいの? 頭の中を探しても 見つからない   でも先へ進まなきゃ始まらない 答えなんて見つからない 遠回りをしてでもいい ただ その場で立ち止まらずに 歩き続けることが大切なんだ   自分の道は 誰も通らない だから 自分しか通れない 同じ道なんてないんだ だからこそ 他人と同じ答えになんて 辿り着かないんだ   時に逆らうことは出来ない 元に戻すことは出来ない だから 進もうよ 先に 先に   進めば進んだだけ 自分が輝けるから 少しずつだけど それでも諦めないで 輝きを集めるんだ   ずっと ずっと 永遠に...  
29/82

最初のコメントを投稿しよう!