僕の隣の空白

1/1
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/82

僕の隣の空白

時は止まるコトなく 進んでゆく 僕は時々歯車が壊れ 止まってしまう そんな時 僕の隣にいた誰かが 治してくれた   僕の時は流れてゆく 止まるコトなく... 僕の躰は止まってしまう コトもある...   どんなに頑張って進んでも どんなにもがいても そこには僕が立っている   変わりたいと願う僕がいる 誰も気づいてくれなくても 僕は生きている   隣にいてくれる貴方を求めている と 僕は想う  
/82

最初のコメントを投稿しよう!