堂々巡りの日々の中
1/1
6/82

堂々巡りの日々の中

また 今日が始まる 昨日・今日・明日…と続く また同じ様な日々が   ただ同じ事を繰り返す ただ 私の気持ちだけが 同じ様な日々の中変わってゆく   気持ちが染まってゆく 日を重ねる度に でも その重ねた気持ちですら 出来ないんだ 「今」を止める事を だから今を生きるんだ   同じ様な人が行き交う中 ただ一人だけ輝いていた   空高く飛びたいんだ 太陽のような貴方に一歩でも 輝いている貴方に一歩でも 近づきたくて追いかけた 飛び越えたくて走り続けた そんな日が繰り返された   また 今日が始まる 幾度となく毎日が 繰り返される ただ そんな毎日だった   輝きたくて 走り出した 近づきたくて 追いかけた 私の大切な物を失わぬように ただ ひたすら願い続けた   永遠という言葉 それは無いんだ 皆が変わっていく筈なんだ   いつになったら… いつになったら… でも 進んでゆくしかない 立ち止まってはいけないんだ 前へ前へと進むんだ 同じ場所で足踏みせずに 自分を求め 進んでゆくんだ   走り出した自分がいた ただ一人を追いかけて 駆け出した自分がいた 周りを見ずに ただ ひたすら一本道を進んでゆく   ちょっとずつ 少しずつ 近づいてゆく 君へと 輝いてゆく 私を感じた   あと一歩 あと一歩で届くんだ 君の笑顔に届くんだ   一歩踏み出してみた やっと届いた 君に届いた 私の気持ち   やっと捕まえた君の気持ち もう逃げないでね もう私を離さないでね   ずっと一緒だよ それが私の一番の願いだから…  
6/82

最初のコメントを投稿しよう!