引き金

2/7
41422人が本棚に入れています
本棚に追加
/726ページ
次第に意識がはっきりとしてくる。 最初に浮かんできたのは『あれ』は夢だ。そういう考えだった。 幸せが粉々に壊された。 そんなの有り得ない。 「目が覚めたか」 スピーカーのようなものから聞き覚えのある声が響く。 慌てて体を起こすと軽いめまいを覚えたが、周りの状況が知りたかった。 白い壁に白い天井、ベッドから身を乗り出す。 そして白い床。 天井には穴のようなものがある。 スピーカーだろう。 向かいの壁に鏡が掛けられていた。 マジックミラーなのは明らかだった。 「起きてすぐ周囲の状況調査。 いい判断だ。 それとも怯えているだけか?」 怒りと不安に身を任せ、マジックミラーに向かって殴りかかろうとした。 ふざけやがって…! 「先に言っておく。 君の家族が皆、殺されたのは事実だ。 しかし殺したのは我々ではない」 すぐに足が止まった。 何なんだコイツら…。 「君はここがどこか分からないだろうが、少なくとも日本でないのは教えてやろう。 もちろん我々も政府や公的機関の者ではない」 ……『我々』って誰なんだ? 「落ち着いたか?」 思い通りにされたのか…。 「では、そちらに行くとしよう」 壁の一部がせり上がり、奥からあの黒人が出てきた。 「気分はどうだ?」
/726ページ

最初のコメントを投稿しよう!