夜会

4/5
2195人が本棚に入れています
本棚に追加
/296ページ
…それはどんどん深くなっていった。 「……んっ……ふ……………はぁっ…。」 カズキが少し苦しそうにしだしたため、ヨーイチは唇を離し、カズキをギュッっ抱きしめた。 「………カズキ……………………愛してる。」 ヨーイチの言葉にカズキは少しだけヨーイチを抱きしめ返し、彼の肩に顔を埋めた。 「………………そのくらい……………………知っておるわ…………。」 「フッ……………だろうな。」 ヨーイチは微笑し、そのままカズキをベッドへと押し倒した………………。 .
/296ページ

最初のコメントを投稿しよう!