耳下腺癌

2/4
26263人が本棚に入れています
本棚に追加
/375ページ
それは全く… 予期していなかった事。 付き合って3年目の彼氏カナメに突然のガン告知だった…。 “耳下線ガン” あまり聞き慣れ無いガンだが、癌には違いない。 おたふく風邪になると痛む場所、耳の下辺りに癌が見つかり、腫瘍の大きさは「ピンポン玉」程で…とても初期ガンと言えるモノではなかった。 このガンになるのは、年配の男性が多いそうだが…彼はまだ26才だった。 言われてみれば、確かに左右のエラの張り方が尋常で無いくらいに違っていたが…。 まさかそれが癌だなんて…。 本人にも違和感はあり、念のためにと半年前に大きなJ大学病院で精密検査を受けていた。 沢山の検査を受けて「エラ」の正体は良性の腫瘍との結果が出ていたのに…。 2004年4月5日今回の手術はただ邪魔な「良性腫瘍」を取るだけの予定だった。 しかし実際は… 顔面の神経を巻き込み成長してしまった癌を神経ごと摘出し、顔面神経のダメージを補うため足から神経を移植すると言う、予想もしていなかった大手術となった。  
/375ページ

最初のコメントを投稿しよう!