新「制」活、スタート!?

1/16
2119人が本棚に入れています
本棚に追加
/54ページ

新「制」活、スタート!?

男二人が、腕を組み並んだパイプ椅子に座っていた。 「この季節がやって来たな、ケン」 「そうだなぁ、カク」 ケンと呼ばれた男は大柄で、人混みの中にいれば確実に目立つ程に筋肉質な体格。対するカクと呼ばれた男は、引き締まっているもののやや線が細く、いかにも一般人という体格だ。 「今年は新人、何人入るんかなぁ、ケン?」 「わっかんねぇなぁ。それなりに人数が入ってくれりゃ良いんだけどなぁ、カク」 二人の会話は視線を交わさずに、春の青空をぼんやり見上げながら行われていた。 「……なぁ、ケン」 「なんだよ、カク」 「このしゃべり方面倒じゃね?」 「そこに気づくとは……やはり天才か」 「がはは」 「いや、皮肉ったんだぞ? お前から始めた会話だし」 馬鹿なやり取りをしてから、互いに短いため息。 すると、不意に大柄なケンが立ち上がり、 「よ~し! そろそろリングのロープを締めるぞー!」 快活な声で、そう号令をかけた。
/54ページ

最初のコメントを投稿しよう!