生徒会長様の憂鬱

12/23
620人が本棚に入れています
本棚に追加
/142ページ
「ふっ…ん…………はぁ……はぁ……」 帝は、しばらく彼の口内を犯すと、互いの唾液の糸を引かせて唇を開放した。 そして 「……これくらいでそんなんになってたら、この後持たないよ?(ニヤリ)」 グイッ………トサッ 「あっ//////」 妖艶な笑みを浮かべて彼をソファーへと倒すと、その上に覆いかぶさり…… 「クスッ………………いっぱい感じさせてあげるよ」 彼の耳元で、そう囁いた。 .
/142ページ

最初のコメントを投稿しよう!