入学します、帝学園

12/21
52858人が本棚に入れています
本棚に追加
/542ページ
女の子達が章吾をボコボコにしている間に僕は何とか抜け出すことが出来た。 「真くん大丈夫?」 「あ、澪。うん、何とか…」 ものすごい疲れたけど…。 と、その時、 「編入早々災難だったね」 「大丈夫ですか?」 後ろから誠実そうな少年と清純そうな少女が声をかけてきた。 「へ~、澪さんにこんなカッコいいお兄さんがいたなんて知りませんでした」 「僕も。四姉妹だけだと思ってたよ」 「…澪、知り合い?」 「うん。私の友達。大谷俊(オオタニシュン)くんと野々村美咲(ノノムラミサキ)ちゃん。クラス…いや、学年1のバカップルよ」 「そんなことないよ、ね?」 「そうよ、普通よね?」 「そう言いつつ何気に抱き合うのやめなさい」 なるほど…バカップルだ…。 それにしても、男の僕から見てもカッコいいな。モテるんだろうな~。 野々村さんもきれいだし、確かにお似合いだな~。 「私達も、いずれあぁなれたらいいね~…」 「って!学校でまで抱き付いてこないで////!」 変な誤解されるぅぅぅ! 「…ま、まぁ、人にはそれぞれ愛の形があるわけだし…ね?」 「わ、私は応援しますよ!た、例えご兄妹でも…!」 ほらされたぁぁぁ!!!
/542ページ

最初のコメントを投稿しよう!