焔の帝

3/49
90788人が本棚に入れています
本棚に追加
/396ページ
「へっくし!」 「どうしたの?風邪?」 「うーん。だれかが俺のことを噂しているのかもしれん」 「そういうことは鏡を見てから言いなさい」 本格的な冬が到来した。 天気予報を見れば等圧線が筋のように日本列島を横断し、西高東低の姿を呈している。 それに伴い、この町にも雪が降った。 一夜にして町を銀世界に変えてしまうほどの大雪。 週の始めの月曜日は、些か憂鬱な登校日となってしまった。 「ひどいこと言ってくれるな君は。俺だって純情な男の子なんだけど」 学園に向かう坂も今日は一段と険しく感じられる。 優一は新雪を踏みしめながら重い足取りで歩いていた。 「気持ち悪いこといってんじゃないわよ。朝っぱらから」 優一とは対照的に、操の足取りはすこぶる軽快だった。 雪原で跳ねるうさぎのように、操は優一の隣を歩く。 「元気いいね。まったく」 呆れたような声を上げつつも、その姿に元気を貰っているような気がするのもまた事実。 坂の口で合流して一緒に登校する。そんな一時が、優一には楽しみとなっていた。 「そうかしら?あんたが年寄りくさいだけじゃない?」 減らず口にも悪意は感じられない。操もまた、楽しんでいるのだろう。 今日は快晴。 雪の照り返しが眩しい朝だった。
/396ページ

最初のコメントを投稿しよう!