過去、別れ、そして………

4/10
53930人が本棚に入れています
本棚に追加
/759ページ
「どうしたの紫音ちゃん?」 「……」 紫音ちゃんは僕に背を向けて黙っている。ホントにどうしたんだろう。 「紫音ちゃん……っ!?」 「裕ちゃん……うわあああん!」 「……え?えー!?」 それは紫音ちゃんが僕に初めて見せた涙だった。これには僕も驚いた。 「紫音ちゃんが泣くなんて初めてだよ」 「そんなんじゃないの、実は……」 僕はこの一言で奈落の底へ落ちる様なショックを得たんだ。 「もう会えないかもしれないの」  
/759ページ

最初のコメントを投稿しよう!