コイン

11/15
1064人が本棚に入れています
本棚に追加
/134ページ
俺の中にグラスが一つ。 それは、みゆと言う名前のグラス。 そのグラスに、みゆへの想いと言う名の水が入ってる。 みゆと出会ってから今まで、俺の感情を動かすたびに静かにコインが沈んでいた。 それは、面白いだったり、切ない、楽しい。 そして、好きという名前のコインだったり…… コインが沈む度に、確実にグラスの中の水嵩は増える。 今、どの位水嵩は増してるんだろうか? 「俺が要だったとしても、多分焼いてるよ」 「何を?」 「だから、ヤキモチ」 「や、やだ!柴田さんったら、あたしをからかって」
/134ページ

最初のコメントを投稿しよう!