過剰な暴力

1/2
18人が本棚に入れています
本棚に追加
/27

過剰な暴力

小学5年のある日…。 私はリビングでテレビを見ながら夕飯が出来るのを待ってた。 お父さんも、お店が休みで、ひじをついて寝転がってテレビを見ていた。弟も私の横で座ってくつろいでいた。 すると、キッチンで料理していたお母さんが 「小夜子、ご飯の前に宿題やりなさいよ。」 と言った。 宿題か…。 でも私は見たいテレビ番組があった。 録画しておこう。 そう思った私は 「分かった。でもこれ見たいからビデオ録画してからやる」 と答えた。 テレビ台の下のガラス扉に収納されたビデオデッキに空のテープをセット。 すると、 「なにをやっとるんだ⁉そんなことやっとらんでさっさと宿題やってこい‼」 録画ボタンを押そうとした私に、突然お父さんが怒鳴り付けた。 私はなんだか腹が立って「録画したらやるって言ったじゃん❗」 と口答えをした。 怒ったお父さんはさらに「口答えするな‼」 と怒鳴った。 私は怒られたことが理不尽に思えて、ついビデオデッキのガラス扉を力強く閉めてしまった。 そして、その勢いは止まらず、足を床に思い切り踏み締めながら、わざとドン❗ドン❗ と音を立てて部屋に戻り、力いっぱいふすまを閉めた。 バシャンッ‼ 部屋に戻ってもおさまらない怒り。 震える手。 なんで怒られなきゃいけないの? …ミシッミシッ ❗…やばい…💦 リビングから部屋に向かってくる重たい足音が聞こえてきた。 お父さんに口答えしたのはこの日が初めてだった。 …とんでもないことをしてしまった…。 足音だけで、お父さんの怒りは充分に伝わった。 スサッ❗ ふすまが開くと、鬼の形相をしたお父さんが立っていた。 足が震えた。 動けない。 「なんだ、いまの態度は⁉もっぺんやってみろ‼」 バシッ‼ ドカッ‼ キィーーーーーーン⚡ 左の頬を思い切り殴られ、倒れた勢いで勉強机の角で後頭部を強打した。 ズキン❗ズキン❗ 痛いけど、殴られることには慣れていた。 でも、後頭部の痛みは初めての痛みで、耐えられないものだった。 「痛ぁあーーっ‼」 あまりの痛さに床に座り込んで泣き叫ぶ私。 「うるせぇ‼」 ドスッ‼ 「うっ…。」 お父さんは泣き叫ぶ私にさらに腹蹴りした。 みぞおちを思い切り蹴られ、一瞬息が止まる…。 直後に、強烈な吐き気に襲われた。 「うぎゃあぁぁああ‼……ひっく…おぇっ💦」
/27

最初のコメントを投稿しよう!