エスカレートするいじめ
全6/10エピソード・休載中
20/27

エスカレートするいじめ

初めて私が口答えしたあの日から、お父さんの私に対する嫌がらせはどんどんエスカレートしていった。 リビングで寝転がってテレビを見ているお父さん。 私は子供部屋で勉強。 お父さんは私をリビングへ呼ぶと、 「新聞取れ。」 「リモコン取れ。」 と命令した。 もちろん、新聞もリモコンもリビングにある。 それも、お父さんが少し手を伸ばせば届く位置。 なのに毎回わざわざ子供部屋にいる私を呼んで、取らせていた。 しかも、必ずお母さんと弟がいない時に…。 お母さんや弟には分からないように、やっていたのだ。 外食をする時でも、わざと私の苦手な料理のお店へ連れて行く。 お母さんが 「他のもあるから💦」 と言ってくれても、 お母さんがトイレのために席を立っている間に、お父さんは私に 「みんなと違うもの頼むなよ、バカヤロ。」 と低い声で脅した。 でもお母さんが戻ってくると、 「好きなもの頼めよ」 と、さっきとはまるで別人のような笑顔で言う。 お寿司を食べに行った時、お父さんが私と弟に 「わさび食えるか?」 と聞いた。 まだわさびが食べられなかった私が、 「私はさび抜きがいい」と言ったら、 「わさびの入ってない寿司なんてカスみたいなもんだ。やめやめ。寿司はやめ。コンビニのおにぎりでも食えばいい。」 と怒り、 その日の夕飯はほんとにコンビニのおにぎりになった。 弟は大好きなお寿司が食べられなかったせいで、私を嫌った。 こんなことが、毎日のように続いていた…。 お母さんも、弟も気付いてるはずなのに…。 家には、私の居場所はなかった。 どうしてこんな思いをしなきゃいけないの? どうしてお父さんにここまで嫌われなきゃいけないの?
20/27

最初のコメントを投稿しよう!