一組の熱い戦い

5/5
3624人が本棚に入れています
本棚に追加
/161ページ
  今の時間から学校へ向かうなら、まだ一時間目の授業に間に合うだろう。   だが、もしそこに海斗がいるなら気まずくなる。正直、学校をサボりたい。 でも、サボったらサボったで凄く後味が悪くなるのだろう。 こういう事は早めに解決したい。   ……そう思っているのに、行くのが怖い。       多分、僕は海斗が拒否した態度をとった時に傷つきたくないんだ。 ……いや、多分じゃないな。本当にそれが怖く感じる。           ――こんなにも僕って心が弱かったっけ?           自分でも意外に思った。 客観的に見たら今の僕は酷く弱った状態に見えるだろう。 現にもうぐったりの状態だ。友達とギクシャクしているだけで、こうもダメになる。   そんなに大した理由でもないのに。     海斗はそんなにまで気にしていたのだろうか。         ……よくよく考えてみれば、海斗と気まずくなったのはこれが初めてか。   「はぁ……」   そろそろ学校へ向かわねば、本当に遅刻になってしまうだろう。  それでも、この体は動いてくれない。……動きたくない。  
/161ページ

最初のコメントを投稿しよう!