アイドル生徒会長

8/13
4530人が本棚に入れています
本棚に追加
/123ページ
すると啓の眉がピクッと動いた。 「へぇ~。言わないつもりなんだ。なら」 「?」 -グイッ- 啓があたしの顎を掴んで顔を近づけてきた。 Σ「!!!!?」 「意地でも言わしてやろうか?貧乏チャン」 低音ボイスで言われた。 その黒い笑顔がものすごい恐いんですけどι 「わかったよι言うから顔どけて!!て言うか近い!!」 そう言うと啓が離れた。 離れたと同時ぐらいに早く言いやがれオーラが出てます。 「鬼ごっこ」 「は?」 「だから鬼ごっこだって。これならお金もかからないし、一番定番かなって思って」 三人の目が点になってる。 ほら。 だから知らないって言ったのに。 「ちょっと、聞いてます?」 あたしは両手をおもいっきり振る。 .
/123ページ

最初のコメントを投稿しよう!