打ち合わせ

1/1
13901人が本棚に入れています
本棚に追加
/115ページ

打ち合わせ

通常 身内が亡くなってから 家族と葬儀屋で葬儀の打ち合わせをしますが、お寺さんや火葬場の関係で、お通夜 告別式まで日数がなく 慌ただしい葬儀になる事があります。 できれば 最低限の事は、葬儀屋と打ち合わせをする前に決めておいたほうが、精神的にも肉体的にも、楽にスムーズに 進められます。 家族で話し合う事柄は ①誰を喪主にするか。 故人が生前に指定していた場合は それに従います。 ②葬儀の宗教を決める。 ③死亡を知らせる範囲を決める。 ④お手伝いを頼むかどうか決める。 ⑤葬儀の予算を決める。 また 喪主の他に施主というのが存在します。 一般的な葬儀では、喪主と施主は同一人物です。 喪主は通常、故人の夫か妻 または長男などです。 施主は簡単にいえば、葬儀費用負担者になります。 喪主が高齢者の場合は、施主をたてて 葬儀の打ち合わせをし、葬儀の責任者となります。 施主の意味は『布施をする人』という意味合いがあります。 また その他身内で必要な役柄は 親族代表と会計責任者です。 大きな葬儀では葬儀委員長もたてます。 葬儀委員長は、議員や会社の社長など 身内ではない人が多いようです。 ですので 身内で必要な役柄は 喪主、親族代表、会計責任者、また必要ならば施主です。 お手伝いの人は ①受付係 ②会計係 ③返礼品係 ④宴席接待係 ⑤携行品係 ⑥道案内係 ⑦駐車場係 ⑧宗教関係者係 以上は会社の人や近所の人に頼むのが一般的です。 会葬者の人数によっては省かれるものもあります。 葬儀は意外と人手とお金がかかるものなんです。 葬儀屋マメ知識でした。
/115ページ

最初のコメントを投稿しよう!