君は誰…?

8/14
5515人が本棚に入れています
本棚に追加
/88ページ
教室に世恭さんと二人残された…。 気まずい… 「あの…助け」 「大丈夫か?」 僕の言葉が、さっきの殺気に満ちた声ではなく、クールな…涼しい声に遮られた。 「あ…はい。襲われる前に世恭さんが助けてくれたので…」 僕は恥ずかしすぎて、きっと顔は真っ赤だと思う。だって触らなくても熱いって分かる。 「そうか…。」 あれ…何で?今顔逸らされた…。僕何かしたかなぁ…。 「服を…」 え? えぇっ!!?? ぼっ…僕もしかしてずっと脱がされたままで…!? 恥かしっ…!! 「すみませんっ!」 それだけ言って、世恭さんの反対を向いて急いで乱れた服装を整えた。 整え終えた僕は、お礼を言って教室から出ようとしたー…けど 「待て」 呼び止められた。
/88ページ

最初のコメントを投稿しよう!