中書き

2/2
26816人が本棚に入れています
本棚に追加
/3000ページ
いつもご愛読ありがとうございます。 今さらですが、作者の才脳じんです。 あとがき……というか、中書きをここに書くのは場違いかとも思いましたが、少しだけ駄文を挟ませていただきます。 まず、ここまで読んでくださった皆さま方、本当にありがとうございます。 なかなか挨拶はできませんが、閲覧履歴の中に見知った名前があるとやはり嬉しく思います。 ファン登録してくださった方々、レビューをしてくださった方々、ひとことを書いてくださった方々、更新の度に読んでくださる方々……。 そんな方々のおかげで、ここまで書いてくることができました。 ただ、何故節目となる3000ページの場に、蛇足となるような中書きを挟んだかと言いますと、どうやらモバの小説の上限が3000ページまでらしいのです。 一つの作品では、これ以上続けて書くことができません。 前々から噂には聞いていましたが、実際見てみるとやはり驚きました。 そういう事情で、この作品のタイトルを~刀狩・上~とさせていただき、新たに~刀狩・下~を書き始めることに決めました。 たいへん中途半端なところで上巻が終わってしまって、本当に申し訳ありません。 自分としては、一つの作品で完結させたかったのですが……そうはできませんでした。 下巻はいよいよクライマックス。 散々寄り道した上巻の反省も踏まえ、下巻は本編から話が脱線しないように書くつもりでいます。 あと1000~1500ページほどで書ききるつもりでいますが、もしかしたらもっと増えてしまうかも……。 なかなかゴールが見えてきませんが、真の完結を見るまで頑張りたいと思います。 ~刀狩・下~近日中に作るつもりでいますので、これからもよろしくお願いします。
/3000ページ

最初のコメントを投稿しよう!