お父さん……………

1/5
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/96

お父さん……………

私は…… あの桜が、皮肉に映って見えていた。……… こんな所で、見なくてはならない。 桜に………… 今も気になってる? 父の心情…………… ふと、あなたの顔見ると!黙って、桜を眺めている。……顔が悲し気に見えた。 きっと、ここを出て…… 好きな桜を………… 家族と見たかった。 そう、思えた。 きっと、あなたの頭の中は…家族と孫に囲まれて……母の手作り料理を……… 一面に広げて 桜の下で花見をしている 様子を思い浮かべて ……いたに違いない。 こう言う、事が好きな父だった。 こんな父が哀れだった。 何故?桜なの? 桜の季節なの? 悲し過ぎる君………………
/96

最初のコメントを投稿しよう!