想い出……………
1/1
7/96

想い出……………

……………覚えてる。 星空輝く夜に………… 銀世界の中で…………… 深々、降り続ける雪の中を一人逢いに行った事。 誰の足跡もなく………… 私の足跡だけが残り。 白い道はまるで、貴方に続く道先案内人みたいに…… 道は何処までも白く。 吐く息冴もまた、白く…… 貴方と言う、道に向かって逢いに行った。 不思議と雪は深々と、降っているのに寒くなく。…… 静けさの中、銀世界にいる。 私が…………………………ヒロインの様に、招かれているようだった。 何度も、通い慣れた道…… 二人で、通い慣れた道を歩きたかった。 貴方と二人……… 深々と、降る雪の中で手を繋ぎ。 吐く息冴えも、白くする。 銀世界で………… 二人……あてもなく歩きたかった。 二人だけの銀世界。
7/96

最初のコメントを投稿しよう!