傷に刻みし果て無き絆

――信じていた、君と必ず、巡り合えると――

4 0

ファンタジー 休載中
18分 (10,531文字)

あらすじ

依頼人の依頼を請け負う、いわゆる何でも屋『名無し屋』に所属する、如月とラグゥ。 いつものよう請け負った依頼をこなし続けていく彼等だが…   まあ、こんな良くあるような前振りの小説ですが、目を通していた

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2007/3/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る