予定外の想い

14/14
363人が本棚に入れています
本棚に追加
/459ページ
「お前そりゃあアイツが傷ついて可哀想じゃねぇだろ。 傷つけて悪者になった自分が可哀想で嫌なんだよ。」 「違う!本当に秀の顔とか見ると辛くて!」 「本当にアイツを思うなら望み通りに付き合ってやれよ。」 「だって、私は……功太が好きなんだよ? 付き合うなんて無理じゃん……。好きじゃないのに付き合うなんて今までと同じになっちゃうし。 」 「好きじゃないから付き合わないんだから自分のためじゃねぇか! それは今までのお前の経験あってだからいいんだ! ただな、傷つけたとかはやめろ!お前はそんなに上から見るような女か? アイツを思うなら私には決まった相手がいるからごめんなさい! みたいに開き直っとけ!まだ可愛げがあるわ! アイツもまだ惨めな気分にゃならねぇだろ。」 そんなに泣くなよ、俺惨めじゃん? 秀の言葉がよみがえる 「そうだね、開き直るのは無理かもだけどもうそんな風には思うのやめる。」 うつむいた私に睦月は煙草を吸いながら言った 「よし!次の課題を教えてやる!」 「へ?だって前言わなかったじゃん。」 「気がむいた。次の課題は……………。」 次の課題は私にとってとても辛く簡単にはいかない事だった
/459ページ

最初のコメントを投稿しよう!