鬼の孤詩

青年は奇妙な夢を見る。それが全ての始まりだった…

5 0

概要・あらすじ

作者: 白皇
22分 (12,772文字)
普通の高校生活を送っていた大庭光輝(オオバミツキ) 彼はある時不思議な夢を見た。惨劇の中心で笑う自分…… そして謎の男たちとの遭遇……憧れていた先輩の突然の失踪…… ある日彼の父は言った「

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2008/4/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る