我が家のメイドさん

3/13
31554人が本棚に入れています
本棚に追加
/382ページ
いつも俺が目を覚ます時間に合わせて料理を作っておいてくれる。のんびりしたいので少し早目に起こしてもらっている。 「今日は何かな?」 条件反射でお腹が鳴り手で押さえる。 「ふふ、秘密……でございます。早く下に降りてお確かめ下さい。では私は先にお待ちしておりますので」 「ありがと遥さん」 今の女性は神月遥(かんづき はるか)我が雪鬼(せつき)家のメイドである。
/382ページ

最初のコメントを投稿しよう!