~隆史の家~

2/16
7584人が本棚に入れています
本棚に追加
/325ページ
転校生として注目を浴びた私には、すぐに友達が出来た 毎日学校には来ていたけど授業にはあまり出ず、愛や他の友達としゃべったり… 隆史と一緒にサボったり… そりゃぁ~もう、これでもかってぐらい自由にしていた 愛と新しく出来た友達の城戸 遥菜[キド ハルナ]と一緒にサボり 最近では、よくこの3人でつるんでいる 遥菜は、美人だけど笑うと、まだ可愛らしい幼さが残っていて、本当にツボを刺激される← 愛に遥菜… 私の周りには何でこんなに可愛い子が多いんだろ… そう思いながら、ボーッとしていると愛が可愛らしく、ツンツンと制服の裾を引っ張ってきた 愛「梨~杏っ!! 今日は放課後どうする~?」 それと同時に聞こえるのは、愛の可愛い声 この子…一体どこまで可愛くなるつもり? 梨「う~ん…今日は隆史の家に行く約束してるから… んで、ご飯も作んなきゃいけないから…遊べな~い;;」 愛「えぇー!!!! また隆史クン!?もう~!!」 遥「…ってか隆史クンとはただの幼さなじみなんでしょ!?家行ってご飯って…仲いいんだね~♪」 遥菜がニヤニヤしながら私を見る 何だ…その目は!! 梨「残念ながら、本当に私と隆史はただの幼さなじみってだけですからー」 遥「ふーん…でもあっちはただの幼さなじみなんて思ってないんじゃないかな~??」 梨「…??」 キーンコーンカーンコーン 下校を告げるチャイムが響く 結局、私達はあの後もいろんな事を話したり…寝たりして…授業には出なかった まぁ…いつもの事なんだけどね? ガラガラ… 不意に私達の今いる、溜まり場の空き教室のドアを開ける音がした それと同時に顔を覗かせたのは…隆史 隆「またサボりかよ;; お前ら、いい加減授業ぐらい出ろよな~…梨杏帰るぞ。」 そういって私の軽い鞄を手渡してくる 梨「あッッ!!ありがとー☆愛、遥菜、じゃあ!!」 バイバ~イと大きく手を振る愛と遥菜に手を振り返しながら、教室を出て靴箱に向かった隆史の後ろ姿を追いかけた 梨「隆史!!スーパー寄って行こ!?」 隆「…晩飯ハンバーグ作るなら寄ってやってもいいよ」 作るのは私なのになぜか偉そうな隆史 …仕方ない ハンバーグ作ってやるか~!!
/325ページ

最初のコメントを投稿しよう!