第四十六章~若さの為せるパワー~

4/4
2272人が本棚に入れています
本棚に追加
/264ページ
                「……な、んで?」 (絶対に、処分されてると思ってたのに…)                                               「……捨て、られなかった…の」 「…………っ」 (……ヤバ…ぃ、理性が…っ) 本日、三度目の“理性喪失”に――目の前の彼女は、全く気付いてはいない…。                                               二人だけの――マンション 閉ざされた――密室 止められる人間は…誰もいなぃ                                               《若さの為せるパワー》                 奈央子の背後から…静かに足音が、近付いた…――。       ~fin~
/264ページ

最初のコメントを投稿しよう!