第二章

6/11
7054人が本棚に入れています
本棚に追加
/332ページ
Noboru's heart おかしい…… 遼の様子が変だ。 俺の勘では、多分早姫ちゃんと何かあったんだろうな。 1限目が終わったら、早姫ちゃんに会いに行ってみようかな。 確かSクラスだったな。 しっかし、たいしたもんだよなぁ。 あの俺様でエロ魔人の遼が一人の女に執着するなんて。 なんか、いじめたくなってきたかも …‐―そう思っていたとき、チャイムになっているメロディが聞こえた。 「では、ここまで予習しとくように!起立、礼!」 「ありがとうございました!」 俺は授業が終わったので、早姫のクラスに行くことにした。 俺はチラッと遼の方を見るが、まだボーッとしている。 ダメだな、あれは。完全に落ちてやがる。 本当にあんな女のどこがいいのか俺にはさっぱりだ。 つーか、表の顔って疲れんだよなぁ………… いっそのこと早姫には裏を出してみるか。 面白い反応してくれそうだしねっ
/332ページ

最初のコメントを投稿しよう!