涙月華

時流に流され、儚くも散っていった新撰組… 彼らと共に生きた女性の物語

珠樹

9時間52分 (354,720文字)

4,803 374

あらすじ

「逢いたい…」と思う気持ちは そっと今願いになる 哀しみを月のしずくが 今日もまた濡らしてゆく 下弦の月が謡う 永遠に続く愛を……  柴咲コウ『月のしずく』 自分の信じた「誠」の為

感想・レビュー 2

良い作品! ウルウルきました(><) 愛って良いですね(*^^*)
1件
とってもいい作品でした! 最後の方は特に涙が止まらなくて、 辞世の句を吾妻に変えてるのはものすごく涙を誘いました。 後、『護ると違誓った近藤さん 弟のように可愛がってきた総司』という表現も涙しまし
ネタバレあり

この作者の作品