-intermission [彼女からの手紙1]

3/3
148人が本棚に入れています
本棚に追加
/38ページ
 ――首都『エデア』より送ります。    ユシール・ディドー=リアス  そこに書かれていた名前に、思わず息を飲んでいた。まさか彼女が手紙を送ってくるなんて、思ってもいなかった。  戸惑いながら封を開けようとして、 「テアルくーん、準備が出来たらいらっしゃいねえ」 「あっ、今行きますんでっ」  飛びそうになっていた意識を、現実に引き戻した。もう一度部屋に入り、手紙をそっと放り投げた鞄の上に置く。  読むのは、後にしよう。  夕飯食って、とにかく勉強して、寝る前にでも。うん、それがいい。  そんなふうにあえて手紙の存在を意識の外に押し出しながら、俺は階段を駆け降りた。  西の空にうっすら浮かぶ月が笑っていた。  [-to be continude.]
/38ページ

最初のコメントを投稿しよう!