Ⅸ章

4/4
90人が本棚に入れています
本棚に追加
/67ページ
『ん……』 目を開ければ眩しい光が僕の目に入ってきて、周りがよく見れなかった 目が慣れてくると今までとは違う景色があり、昨日の出来事が夢ではないとスグに分かった 周りを見るとティナが寝ていた 昨夜の事で疲れたんだと思う 僕はこれ以上迷惑をかけない為にこっそりとティナを起こさないように馬車から出ようとした だけど…… .
/67ページ

最初のコメントを投稿しよう!