今を紡ぐ

彼と過ごしたあの日々は、今の私にとって一体どんな意味を与えるのだろう

2 0

55分 (32,765文字)

あらすじ

恭介の死から3年 雪歩の時間はずっと止まったまま 彼にとって私は 私にとって彼は 一体どんな意味を持ち どういう存在でありえたのだろう 恭介を失った喪失感を抱えて 雪歩は静か

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品