閲覧者達

18/37
15924人が本棚に入れています
本棚に追加
/394ページ
外にいた人達はみんなあの部屋に集まっているらしい。 これは気になるな。 何があると言うんだ? 「よし。行ってみようぜ」 「オッケー。じゃ、鈍田さん。今後おいら達のリーダーシップ頼むな」 中津が俺の背中をドーンッと叩き、ふざけた感じで提案してくる。 「えっ? ……ええっ! なんで俺?」 「ええやん。こう言うときはリーダーがおった方が動きやすいやろ。反対者はもちろんおらんやろうしな」 「うん。僕も鈍田君で賛成」 「私も賛成よ。年齢的には多分、私が年上だと思うけどね。……なんか鈍田さんは私よりしっかりしてそうだからお願いします」 清村さんも同意し俺にニコッと微笑んできた。 ま、マジかよ。 てか、人懐っこいんだから中津がやれば良いのに……。 何故か俺がリーダーになってしまった。
/394ページ

最初のコメントを投稿しよう!