天才投手 正念場と意地

2/48
2819人が本棚に入れています
本棚に追加
/3000ページ
試合もいよいよ五回表に入っていく。 得点は3-0で青ヶ丘が、足立、木田、安田のタイムリーでリードしている。 今のところ次郎は、強力打線と言われる三都宮中を1安打に封じ込める好投。 青ヶ丘が優位に試合を運んでいた。 五回表、青ヶ丘は九番の山口から始まる。 西沢(トップに戻るこの回で追加点を奪いたいな。今の尾崎を見る限り、3点じゃ不安だ) 西沢は両手を脇腹に当てながら、ベンチに座っている次郎を横目で見る。 次郎は西沢の視線には気付かずに、持参したスポーツドリンクを飲んでいた。 一方、山口は四球目の内角のストレートを打っていってサードゴロ。 簡単にワンナウトとなった。 金森(全体的にあっちのピッチャーも、球威もキレも落ちてるな・・・) 金森は三都宮の先発ピッチャーの疲れを感じ取っていると、三都宮の監督は投手交代を告げた。
/3000ページ

最初のコメントを投稿しよう!