Chapter8-Ⅰ

12/38
36630人が本棚に入れています
本棚に追加
/389ページ
「これじゃ…… 俺達は自分の身を守る以外の戦闘をするなと言っている様なもんだな」 勇さんの言う通り、紙に書かれた内容は戦闘に関する内容はほとんど無く、撤退の仕方、城の見取り図と兵の配置が主で、立ち回りについても、第五遊撃部隊の名の指す様に、第一~四遊撃部隊全ての手が回らない時に、最も危険の少ない所へ赴き、そこにいる部隊の変わりの役目を果たし、もともとそこにいた兵達は前線へ赴くと言う感じだ。 そして、注意書きには「危険を感じたら逃げる事」「何よりも自分の命、その次に仲間の命を大切にする事」と書かれていた。 「ふむ…… 一通りまわったようだな。 では皆着いてこい」 一通り目を通す頃には皆にまわった様で、ランドルフの指示の下、城へと向かった。
/389ページ

最初のコメントを投稿しよう!