始まりの日

1/9
1316人が本棚に入れています
本棚に追加
/649ページ

始まりの日

ピピピピピピピピピ 部屋に目覚ましの音が鳴り響く。 「んっ…ん~…」 タンッ 「ふわあぁぁっ…ふあぁっ!」 「朝……か。」 「綾颯! いい加減起きなさい?」 綾颯「ふわぁ~い…。」 僕は魔鷺綾颯(まさぎりょうじ) 鏡原高校に通う高校3年生。 今年で18才になる。 まだ17才だ。 好きなことは抱き枕を抱いて寝ること。 カチャッ ちなみに得意科目は 英語と歴史 それ以外は…禁則事項です♪ パタン 親はバイトしろとうるさいが、ぶっちゃけ学生の内は楽させてほしい。 トントントン 綾颯「母さんおはよう。」 母「はい!おはよう。」 綾颯「あれ。父さんは?」 母「もう会社へ行ったわ。」 綾颯「へぇ。早いね。」 母「とゆうより貴方がおそいの!早くご飯食べて学校行きなさい?」 綾颯「はぁ~い」 綾颯「えっと…筆箱に…教科書にノート…あとは」 ピンポーン 母「はーい。こんな朝早く誰かしら?」 綾颯「あっ僕がついでに出るよ!」 母「ありがと。じゃあ行ってらっしゃい。」 綾颯「いてきまーす!」 カチャッ
/649ページ

最初のコメントを投稿しよう!