終の章

57/61
5606人が本棚に入れています
本棚に追加
/666ページ
「ちょっと待ってくれよ!」 そう言うと明志は後ろを向き、胸元から出した血だらけのナイフをハンカチで包み、 「これをある場所に行って、そこの人に渡してきてもらいたい。」 「これっ、何ですか?」 青年の聞き返しに対して明志は財布から札を全て出し、 「報酬はこれで!」 明志は青年に数十万を手渡す。 「えっ?! こんなにっ?! いいんですか?」 「ああ、だからこの中身は決して見ずに、OO町のアパートに届けてくれ、そこの大家には話しをしておく。」 青年は上機嫌になり、 「分かりました。お安い御用ですよ!」 〔ククッ、馬鹿なヤツだ! お前が行った途端に署に通報して捕まえてやる! ナイフの言い訳をしても、お前の話しなど誰も信用しないだろ。〕
/666ページ

最初のコメントを投稿しよう!