見知らぬ女の話。

5/5
9797人が本棚に入れています
本棚に追加
/170ページ
何故アタシがこの家に居候する事になったかを説明するには、簡単だ。 父の不倫。 家の家族は、《自分達には特別な堅い絆がある》そう信じていた程、信頼が厚かった。 しかし、父は2年間家族を騙し、若い女と恋愛していたのだ。 それが発覚した時、母は泣き崩れた。 まさか22歳にもなって母を抱き締めるなんて思いもしなかった。 半年間は気丈にしていた母だったが、その内アタシを全面的な支えにするようになった。 アタシは耐えきれずにポッキリ折れてしまい、母とこじれて、それ以来、母の怒りの対象がアタシに変わった。 過剰なストレスが引金となり、食べる物も受け付けず、職場で倒れた―… 兎に角、実家から出ようと、今の姉夫婦の家に居候中という訳だ。
/170ページ

最初のコメントを投稿しよう!