誓い

10/10
2269人が本棚に入れています
本棚に追加
/366ページ
  躊躇いがちに飛鳥を抱きしめる。 保「忘れなくていい。あいつの分も俺がお前を幸せにするから」 飛鳥に誓い、竜一にも誓いを立てる。 飛「竜一が見てるよ?」 保「長年の恨みだ」 2人は笑った。 そんな2人を竜一がヤキモチを妬きながら温かく見守っているだろう、と近くで花束を持ったスーツ姿の男が小さく微笑んだ。 「保さん、飛鳥さん。どうか兄さんの分まで、お幸せに」  
/366ページ

最初のコメントを投稿しよう!