愉快な生徒会Member??

2/11
19478人が本棚に入れています
本棚に追加
/540ページ
只今私は、新しい寮の部屋の片付け中… 「ふぅ…終わったぁ♪」 まさか、生徒会専用の寮があるなんて!! しかも、この花園寮は外見がまるで小さなお城みたいなんだよ♪ コンコン--- 「あっ、はぁ~い??」 ドアを開けると、王牙先輩が立っていた。 竜「ニャーコ、終わった?」 「はい、今終わりましたぁ♪♪」 竜「…そう…」 あっ、王牙先輩笑った。 バコ--- 武「竜也、そんな仏頂面で立ってたら仁弥子ちゃんが怖がるだろ;笑いかけるなら、ちゃんと顔に出せよ?」 王牙先輩の頭を叩きながら、金本先輩が現れた。 「えっ??王牙先輩、今笑ってくれましたよ??」 金本先輩が驚いた顔してる。 あれ? 王牙先輩も?? 武「…仁弥子ちゃんは、本当に凄いね!!!!」 何が? 武「普通の人には、仏頂面に見えるんだけど…そっかぁ♪仁弥子ちゃんには分かるんだね♪♪」 金本先輩が嬉しそうに笑ってる。 王牙先輩も嬉しそう。 .
/540ページ

最初のコメントを投稿しよう!