4 years after

2/17
3682人が本棚に入れています
本棚に追加
/907ページ
あれから月日は流れ、四年が経とうとしていた。 ──カランカラン。 と来客を知らせるドアベルが鳴り、店の扉が開く。 「いらっしゃいま……あ!」 「鷹狩さん、こんにちは」 「桃花ちゃん!」 入って来たのは、かつての仲間だった。 と言っても、彼女は何度かここに足を運んでくれてるんだけど。 ……と、いう事は。 俺が濡れた手を拭きカウンターから出ると、 「マモルにーにー!」 桃花ちゃんの足元に、もう一人、小さなお客さんを見付けた。 「透ー真ー! いらっしゃーい。」 と、人懐こく駆け寄った子を、俺は勢いよく抱き上げる。 「また大っきくなったなー。透真、今何歳?」 「にー」 俺が聞くと、その子は上手に右手でチョキをする。 「違うよ。透真は三歳になったでしょ? 手はこう」 と、俺と透真のゆるっゆるのやり取りに、桃花ちゃんはクスクスと笑いながら訂正した。
/907ページ

最初のコメントを投稿しよう!