癌家族②先生からの話

1/1
1458人が本棚に入れています
本棚に追加
/184ページ

癌家族②先生からの話

オトンにいつ話す? アタシ「一人の時には言わないで下さい…」 曜日定まらず… 今から言おう…   って事になり、 9時前… 病室尋ねた… オトンの顔見たら驚きの表情…   アタシ「かえりしな先生に呼び止められ、話ある言われた」 オトン「悪い話やな…」 アタシら… そんな事ないんやない?   先生に二度目の挨拶…   今週末…釣りいけないけど外泊して、月曜から癌科入院… 一回だけ抗がん剤打って退院… 後は通院治療… アタシ「スーパーの靴下の社長も抗がん剤打ちながら働いてる。大丈夫😃」 オトン「先生に頭下げ任せます。宜しくお願いします。」 ふかぶかと肺ガン担当先生に頭下げた…   アタシ達は新しいステップに一段階上り始めた…   部屋を後にし、安堵だけ手に入れた…   帰宅… これだけで、安心できる。命短いかもわからない。   命つきるまで… 一日一日を大切に、 又感謝しながら、生きます…   『癌細胞』誰でも持っています。 発祥するのは貴方の運命…運命に従い負けずに生きましょう…。   二人に一人の割合で癌発祥します。   これからは、癌を勉強しながら、体にいいもの、見極め、家族六人+ジュンペ😃 笑って生きていきます。   お付き合いありがとうございました(___)   笑えたような気がします😃  明日から… 余命宣告受けて『癌』と共に…闘病生活 書きます。又宜しく(___)お願いします😃
/184ページ

最初のコメントを投稿しよう!