日常~後編~

10/12
14221人が本棚に入れています
本棚に追加
/366ページ
やがて話し終えると、ティアラは少し考えた後、微笑ましくリオナの後ろ姿を見つめた。 「……ふふふ、なるほど。そういうことですか」 「えっ? な、なにか分かったの?」 「いえいえ。 ただ、フレイ様が一人でお気づきになるのは難しいかもしれませんねぇ」 ティアラの言葉に、フレイは首を傾げるばかりだった。 間もなくして五人はレストランに入り、店員の案内で席につく。 机上に置いてあったメニューを開き、みんなで料理を選んでいる最中。 フィリスが店内をチラリと見て話し出した。 「ここって、いつもはこんなに人居ないよね」 「まあお祭りだし、混むのは当然じゃない? あ、私これにしよっと」 リオナはそう答えながら、料理の絵を一つ指差す。 すると、それを見たライルは意外そうに口を開いた。 「へー、結構ガッツリ食うんだな」 「……別にいいでしょ。お腹減ってるんだもん……」 リオナは不機嫌かつ恥ずかしそうに身を引くと、顔を隠すように俯いてしまった。 その時だった。 隣に居るティアラから黒いオーラが。 「ライルさん……?」 「は、はい!?」 「女性の気持ちを察してくださいね」 「へ?」 ライルの間の抜けた返事を聞き流し、今度はフレイの方に視線を向けるティアラ。 「フレイ様。 フレイ様は、たくさん食べる女性をどう思いますか?」 「えっ? どうって……別にいいんじゃないかな」 突然の質問に驚くフレイの返答を聞いて、リオナは俯きながらもホッと安堵する。 そして、そんなリオナを横目で見ていたティアラは……。 (……これはもう確定ですね……)
/366ページ

最初のコメントを投稿しよう!