プロローグ

2/3
97227人が本棚に入れています
本棚に追加
/820ページ
書きかけの一枚の手紙を見つめ、そっとペンをテーブルに置いた。     息をつき椅子から立ち上がると寝室に向かう。 薄暗い部屋には二人の寝息が小さく聞こえる。     「本当に寝相までそっくりなんだから」     お腹の下までずり落ちた二人の布団を引っ張り上げ、「クスッ」と柔らかに笑みを浮かべた。 リビングのカーテンを開けると、満月の光が雲を霞めてぼんやりと映る。     「先生…、先生も同じ月を見上げていますか? 私は今でも貴方を想い、こうして月を見上げています。貴方は私の永遠の恋人」     書きかけの手紙を胸に抱き、そっと目を閉じた。
/820ページ

最初のコメントを投稿しよう!