数奇な出会い

9/9
794人が本棚に入れています
本棚に追加
/73ページ
一護「ちょっと待て!ルキア。そいつ俺知ってるぞ。」 少年に話し掛けたルキアを止める。 ルキア「一護、貴様こいつを知っておるのか?」 一護「ああ。こいつは『家庭教師ヒットマンリボーン』の沢田綱吉だ。」 ルキア「かてきょーひっとまんりぼーん?何だそれは?」 一護「ルキア、てめぇ同じジャンプに載ってる漫画を知らねぇのか?」 ルキア「たわけ。知る訳が無かろう。」 一護「威張って言われても・・・・・・・。 少年が話し掛けて来た。 「黒崎一護さんですよね?」 一護「ああ。そうだ。お前ツナだろ。」 ツナ「はい。そちらは朽木ルキアさんですよね。」 ルキア「なぜ私の名を知っている?」 一護「だからてめぇ位なんだって。同人誌の漫画知らねぇのは。」 「俺も知らないぞ。」 一護「うおっ、リボーン!?」 リボーン「チャオっす。ツナから話は聞いた。宜しくな。」 ルキア「どういう事なのだ?一護。」 一護「後で説明するから。」 ツナ「じゃあ家来ませんか。」 一護「そうさせてもらうか。な、ルキア。」 ルキア「ああ。」
/73ページ

最初のコメントを投稿しよう!